プロフィール
prof.png
prof_bun.png
twitter.pngs_blue_round_b.png
試聴
  • くりから。
  • ボーカロイド
最近の日記
カテゴリー
バックナンバー
OTHERS
qrcode
イメージソング、そしてプロローグ
20180426-062549.png

『機動警察パトレイバー the Movie』を観ている。1作目。
俺は特別パトレイバー好きではないけれど、この映画は年に1回くらい見返したくなる。
セリフ回し、物語運び、作画、音楽、全てにおいて素晴らしい作品だと思う。

歌もいい。
笠原弘子の『約束の土地へ』。
詞が映画の内容とリンクしているし、何より曲自体が良い。

でも、この歌、劇中で流れてないんだよね。


最後まで観ても、『約束の土地へ』は1秒も流れてこない。テーマソングというより、イメージソングだ。
そう言えばナウシカもそうだった。宮崎駿の『風の谷のナウシカ』に、安田成美の『風の谷のナウシカ』は流れない。
ガンダムF91も、森口博子の『ETERNAL WIND』という主題歌とは別に、カップリング曲の『君を見つめて』がイメージソングになっていて、色々な経緯があるとはいえ、これも劇中では流れていない。


いいな、イメージソング。
なんか、主題歌にはない奥ゆかしさがあって。
俺も自分のイメージソングとか考えてみようかな。

あ、でも、他の人が既に俺のイメージソングを考えてくれてたらどうしよう。
突然「これがあなたのイメージソングです!聴いてください、WANDS『時の扉』の替え歌で…」とか言われたら。
あんま聴きたくないし「チョイスそこなんだ」ってなっちゃうんだろうな。
スタジオ行こ。


ここまで書いてスタジオに向かった俺。まさかあんなことになるなんて…。


(つづく)
| 日記 | 12:47 |
鎌ちゃんあのギターくれよ!!の巻
鎌ちゃんは、小学校の幼馴染だ。
と言っても、小6の夏休みに転校してきた俺とは別のクラスだったし、その後鎌ちゃんは私立の中学に行っちゃったから、初めてちゃんと話したのは高校に入ってからだったけど。

同じ卒業アルバムに載っているのに、知ってるような知らないような。
そんな微妙な距離感の俺たちは、高校の夏休みに再会して一緒にバンドを組むことになった。
俺はボーカルで、鎌ちゃんはギター。他のメンバーも全員幼馴染という錚々たる布陣だ。

幼馴染バンドは、地元の「OZ」というスタジオで2度か3度音合わせして、そのまま空中分解した。
ライブをしたわけでもなく、何なら家で駄弁っている時間の方が長かったかもしれない。
けど、それは俺にとってバンド活動の原体験みたいなもので、未だに忘れられないでいる。


そんな鎌ちゃんと、久しぶりにスタジオに入った。
高校生ぶりの音合わせ。
何か決まった曲をやるわけでもなかったけれど、ただ音を出しているだけで本当に楽しかった。
まさに「夢中」という言葉がぴったりの時間。


しばらく経っただろうか、「使いなよ」と、鎌ちゃんがギターを渡してくれた。

どこに隠してたんだこんなの。
しかも何だこのギター。弦も無ければフレットも無いじゃない。
こんなものギターじゃないよ。

そう言いたい気持ちを堪えつつ、騙された気分でネックに指を当ててみると…出た。ギターの音が。
いや、ギターだけじゃない。ピアノも、サックスも、バイオリンも。ネックに指を当てるだけで、俺が望む音がどんどん出てくる。

そんな魔法のギターに引っ張られるように、どんどん湧いてくるインスピレーション!
よかった!
4月にうっかり曲作るって言ったものの、何も浮かんでこなかったんだ。
でもこれさえあれば。この魔法のギターさえあれば!

「凄いよこれ!どこで手に入れたの?」

興奮しながら鎌ちゃんの方を向くと…そこには誰もいなかった。
周りを見渡すとスタジオでもなかった。何もない空間。


そんなことある?


と思ったところで目が覚めた。

夢かよ…。

いや、でも。
もしかして?
「夢だけど、夢じゃなかった」的な展開で?
枕元には、あのギターが…?

ほんの少しの期待を持って枕元を見ると…テレビのリモコンがあった。
いや、そりゃそうなんだけど。
そりゃそうなんだけど!
鎌ちゃんあのギターくれよ!!
| 日記 | 04:10 |
J9って知ってるかい
J9って知ってるかい。

昔、銀河系とテレビ東京系で粋に暴れまわってたロボットアニメシリーズさ(今もTOKYO MXで暴れまわってるさ)。

アメリカンドラマのような軽妙なセリフ回し。
それを演じる塩沢兼人さんを始めとした声優さんたちの名演。
伝説的アニメーター金田伊功さんによる(ブライガーの)オープニングアニメーション。
そして、それら全てを台無しにする本編の作画。

俺はそんなJ9シリーズが好きで、ツイッターのアカウント名をsmJ9にしたくらいなのさ(smJPが既に取られてたからでもあるのさ)。

カウボーイ・ビバップにも通じる部分があるから、きっとJ9好きはビバップも好き。でもビバップ好きは必ずしもJ9が好きとは限らない…そんな片道切符みたいなアニメなのさ(だからちょいちょいこの記事の中でもビバップ好きにすり寄っていくのさ)


なんで急にそんなことを言いだすかって?
そりゃ行ってきたからさ。




中野ブロードウェイは「墓場の画廊」さんで開催されているJ9展に…!

今朝、久しぶりにファンサイトの掲示板を見たらこんなイベントが開催してるって書いてあったから…。
そんなのお呼びがなくても即参上だって。




入口から「オタク、J9マニアが相場の人?」と言わんばかりの大量のグッズでお出迎え。




歴代のJ9メカも勢ぞろい。
しかもその台座になっているのは、命名の由来にもなったソニー「ベータマックスSL-J9」…(ちなみにこのSL-J9はビバップの作中にも出てくるよ)




店内では、歴代のテーマソングが映像付きで流れてます。
今流れているのは銀河疾風サスライガーのエンディングテーマ『ハピィ・ソング』(ちなみに銀河烈風バクシンガーのエンディングテーマはビバップ第1話のサブタイトルと同じ『アステロイド・ブルース』だよ)




ブライガーとサスライガーのポスター、そしてその下には歴代のレコードジャケットが。




メチャまくってるぅ…。




最高…。




…。




興奮がピークを超えた結果、徐々に無言になってしまいました。

そんな感じで、どっちもどっちもどっちもどっちもJ9尽くしの最高な空間でした。
27日までらしいので、まだ行ってないファンの方はLet's get together J9!ここ見てる人の中にはそんないないだろうけど!




ちなみに「せっかくブロードウェイに来たからレトロゲームを見よう」と思って地図通りに向かったら、何度見ても高そうな時計の店しかなく「喪黒さんに会いたいのに魔の巣に辿り着けないココロの隙間がある人」みたいになってしまいました。以上です。
| 日記 | 23:56 |
More than ラブラブ 天驚拳
GLAYのPVを見ながら色々と勉強している。

俺の中でGLAYと言ったらTERUさんが両手を広げるあのポーズなんだけど、それについてずっと勘違いしていたことに気付いた。胸と腕の位置だ。
PVの中のTERUさんは、俺が思っていたよりずっと胸を突き出して、腕を後ろにやっていたのだ。
具体的には「武装闘気(バトルオーラ)をまとって宙に浮いている武威くらい」だと思っていたのが、実際は「デビルガンダムに取り込まれたレイン・ミカムラくらい」だった。


20180422-123124.png

こうだと思っていたら


20180422-123702.png

こうだった。


危ないところだった。
もし俺がこの事実に気付かないままステージに立ったら、きっと客席の反応も


20180422-123130.png

こうだったと思う。
邪王炎殺黒龍波を跳ね返したことに満足して、まんまと返り討ちにあってしまう俺。慢心、油断が招く悲劇。考えただけでぞっとする。


やっぱりライブというのはステージの内と外が本気と本気で応えあって作り上げる空間だと思うから、こっちも本気で臨まないと失礼になってしまうし、逆に本気で臨めば本気が返ってくるものなんだと思う。


20180422-123218.png

こちらがこうで


20180422-125738.png

そちらがそうで


20180422-123544.png

こういうことなんだと思う。


何を言ってるかわからねーと思うが、俺も何を言ってるのか分からない。
とりあえず、この日記と関係あるかは分からないけど1週間後にセッションライブがあります。
詳細はこちらです。よろしくお願いします。
| 日記 | 13:14 |
遅れて来た男
昨日、昼は実家にいて、夜はひできさんの誘いで准くんと昴くんと4人で集まった。

でも、せっかくの楽しい集まりなのに、遅刻してきたヤツがいた。
具体的に言うと、20時半集合にも関わらず21時半に来たヤツが。

俺だ。

昨日俺は、1時間も遅刻をしてしまった。
実家から集合場所の新宿が遠かったから、というのは理由ではない。
理由はひとつ。電車の時間を調べ間違えたからだ。


俺の使っている乗換案内アプリは、59分→0分にすると、自動的に時間が繰り上がるようになっている。
こんな感じで。







59分から0分になった瞬間、20時だった部分が21時に繰り上がる。
これに気付かず、「20:30」で調べたつもりが、「21:30」で調べてしまっていたのだ。


…分かってる。
これが何の言い訳にもならないことは。
「そっかじゃあしょうがないね」にはならない。
だって実際に出てきた時刻これだぜ。



20時22分に茨城を出て、8分で新宿まで行けるわけがないじゃん。
地図で見たらこれだよ。

20180421-184856.png

ちょっと考えれば分かるだろ!

でも俺は、そのちょっと考えれば分かることすら考えず、スマホからの情報を鵜呑みにしてしまった。
「そろそろ行く時間?」と聞いてきた母親に向かって「いや、まだ全然余裕っぽい」だって。ワンランク上の馬鹿かよ。

准くんも昴くんもひできさんもこの話を面白がってくれたから良かったけど、本当にちょっと、脳が心配。
| 日記 | 19:20 |
| 1/1158PAGES | >>